ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう、最終回
2005年09月08日 (木) | 編集 |
ウチの夫婦の年間行事?に行って来た。春と夏、年に2回、近場の温泉でほっこりするのが最近のウチら夫婦の楽しみ(ん?)なのだ。上げ膳据え膳は主婦の夢、それに、最近は、ダンナがすごく楽しみにしてるみたいで、(なんでやろう~) ちょっとプレッシャー(笑) でも、お互い、土日に関係なく仕事をしてるんで、ダンナと休みを合わせるのが大変。8月が忙しかったんで、やっと、夏休みってとこかな。
しかしながら、水曜日は、あの夏ドラマの最終回なのだ。こりゃいかん。一応、ビデオ予約はしていったものの、録れてなかったら大変と、旅館で見ることにした。ダンナと一緒にこんなん見るか~と思いながら、辛抱して(どっちが?)見てた次第・・・

先週、友だちの「壽美子」と浮気をしたと知って(キスまでやけど!)、キレ過ぎて怒れなかったヒロイン「みゆき」。最終回は、「為さん」の話しを聞いて、ボートで海へ出て、泳いで、泣いて、スッキリしたのか、フツフツと怒りが湧いてきたらしい。「ケンカは仲直りするためにやるんだよね」と先週言ってたけど、ちゃんと、仲直りするために「壽美子」の頬をブッた。「壽美子、カッコつけすぎ。だから、一人で淋しいんだよ」って言い放って。
アホなダンナの「和幸」は、「みゆき」のラブレター代わりの離婚届を提出してしまい、そのくせ、「君しかいないんだ。もう一度結婚してくれるまで待つよ」なんて、ピンボケなこと(笑)を言ってた。そうやで~ 離婚したら、6ヶ月は結婚でけへんで~。
結局、みんな、うまくまとまった感じの最終回やった・・・

あ~、でも、姜くんの「健人」は、どうなんかな~ プチタミ最後の日に、水族館の仲間と一緒に来たらしく、何故か「里奈」が「優」に花束を渡してた。受け取った「優」が「健人」を見たら、ニコッと微笑んで・・カッコいい!・・って、それはいいんやけど、セリフないで!?
もう閉店っていう時に、「優」が言った。「いつか、プロの水中カメラマンになったら、どこかでこのカクテル飲んでね」。「優」のオリジナルカクテル(世界のどこかで飲めるんか?) を飲んで、こっくりうなずいて「健人」は去って行くんやけど、また、セリフないねん! おいっ、なんも言わんでいいんかい! 
「健人、頑張れ!」って「優」が健人の背中に声をかけた時、背中をむけたまま、またニコッと微笑んで・・・これはどうよ~。こんな時は、振り返って「優も頑張れよ」とか、言わへん? ていうか、あの微笑みを「優」に見せたって欲しいよね。「オレも頑張るよって」言ってるつもりやろうけど、「優」への愛はどうしたん~ 吹っ切れ過ぎやん。
いやいや、それよりも、「優」ちゃん。泣くぐらいなら、別れんでいいやん。好きなら、お互いに、目的に向かって切磋琢磨すればいいのに。別れる理由がおかんにはわからん。
第一、「里奈」なんて、また新しい男をつかまえてんねんから・・・って、もう、一瞬、目を疑ったよね~ 何の前触れもなくこの展開!!
「健人」が「優」のことをまだ好きなんやってわかったからか (そんな前フリはない)、ライフセーバーくんに誘われたとか (そんなフリもない)、どうなってんの? 
いかん、いかん、ツッコミ過ぎ!
かくして、「おとなの夏休み」は終了。 ウチら夫婦の夏休みも終了・・・


スポンサーサイト
いよいよ終盤
2005年09月01日 (木) | 編集 |
いよいよ大詰めの「おと夏」。ホンマに、これで来週終われるんか?という展開。
いやいや、そこまで燃え上がってるのに、そこまでやっといて、そんなにあっさり現実に戻れるの?と言う展開・・・というか、先週あたりから、ヒロイン「みゆき」のダンナがヨメの同級生「壽美子」と不倫しそうになるという流れなんやけど、ゴトンと落ちた、ダンナの携帯の待ち受けがヨメとと息子の2ショットで・・・結局、キス以上のことはなかったんよね。でもさ、キスまではOKなん? けっこう情熱的なキスやったけど・・・
ほんで、家に帰って「みゆき」がダンナの浮気に気付くんやけど、それが、一緒に海の家をやってる「壽美子」やと知って愕然とするワケ。最初は、姜くんの恋人役の「優」が相手かと思うんやけど、(ここはプッと笑えるところ?)でも、友だちの「壽美子」から「ごめん、アタシなんだ」って告白されるんよね。
「壽美子」が「みゆき」に「怒るとか切れるとか、激怒するとかしてよ」とか言うんやけど、「ケンカって、仲直りするためにするんだよね。だったら、ケンカしない」って言った。なるほど、名言かも。
ちなみにウチの夫婦、ケンカはほとんどしたことないけど、ケンカするほど相手に期待してないってことやし(笑)。でも浮気はされたことないんで(多分!)、そういう状況になったら、どうするやろ~ 
「みゆき」が言った。「私、怒るとか泣くとか、できないくらい怒りたいし泣きたいのかも」・・・結婚指輪外してたね。
ちなみに、ウチら夫婦も (ウチのことはもうええって?)、結婚10年の頃に結婚指輪外したわ。だって、太って指にくい込んできたから(笑)。お互いに!
今回のエンディングは「真夏の出来事」。あの平山みきの懐かしい曲やけど、あの人も去年、「わかば」に出てた、ばんばんと離婚したよね~

あ、そうそう、忘れるとこやった(笑)。姜くんの出番ね。う~んと、今回はセリフあったし! 「優」に何度も「やりなおしたい」ってメール送ったり、電話をかけるんやけどつれなくて、とうとう海の家にやって来た。
先週は、花火大会に新しい同棲相手と来てて、「優」に「忘れられないんだ」ってキスしてたけど、あのあとどうしたんやろね。「優」は泣いてたな・・・男は、ホンマ勝手すぎるぞ~。どいつもこいつも。
「健人、残酷だよ。限度越えてる」って「優」に言われて、「限度越えても、好きなんだよ」って言った。よし! よう言うた! 素直に気持ちが言えてよろしい! それに、ええ顔! 男前やし。
でも、ホテルで「優」に (ホテルやで! ナニしてんねん)、「これでホントにさよならだからね」と言われてた。う~ん、もう彼女には愛されてないんかな?
追い掛けると逃げられる、逃げると追い掛けられる。男と女はややこしい。
みんな、素直になろう。「かけがえのない愛」は、気付きにくいもんやで。先週のエンディング曲の「ミスターサマータイム」。意味深な歌詞やったもんね~
結局、今週はこれ以上の出演はなく、笑顔もなく・・・来週最終回やねんけど、それぞれ、みんなどうなるんやろう・・

セリフはあったけど
2005年08月25日 (木) | 編集 |
「彼」が出るから、録画までして見ている「おと夏」。今回は8回目。あと2回で終了だ。(当初11回を予定してたハズなんやけど、視聴率、低かったんやろか?)
このドラマで「彼」は、海洋カメラマンをめざす水族館のイルカの調教師「健人」。ヒロインと一緒に海の家をやる3人の女の一人、30才前のプー、「優」の同棲相手だ。毎回、チラッと出て来る程度の脇役なんやけど。
「女グセが悪い」というより、「女に優柔不断」な役。んで、いっつも、女の子とチュウしたりして(笑)、なんとも、今まで見たことない姜くんなのだ。
「彼」のストーリーとしては、プーな「優」の気持ちを計りかねて、当てつけのように女に走った?というか、 同僚の女の子に押しかけられて、「優」と別れることになって。
ほんで、先週は、笑顔ナシ、セリフナシでいいとこナシの「健人」やったけど、終わりの方で、「優」を見て微笑んでた・・・ん? まだ未練があんのか?
今週は、花火大会に、今の彼女とウデ組んで海の家に来たのに、「忘れられないんだ。優のことが」といって、無理矢理?チュウしてた。またかい!
今週は、こともあろうに、3人の女たちが、それぞれ意味深な?相手とキスしてしまうんよね。この男どもはどないなってんねん!って、思わずツッコんでしまった。ま~、ドラマは、ドラマチックなほどオモシロイけどさ。 キスされた女はみんな複雑やし~ あと、どうするねん? 後先考えんと、やったん? ホンマに、どう決着させるつもりなんだか~ 
というか、キスって、女にとっては本編?よりロマンチックで、重要やったりすると思う。(あ、いや、本編!の方が確かに重いけどさ)
ちなみに、先週のTV番組の紙面に、「おと夏」の「彼」のインタビュー記事が載ってた。見つけた時は、思わずうれしくなって、いきおいで買った・・・こんなん買うのも、久し振りやねぇ・・しみじみ・・
「健人は僕自身よりずっとモテる男。共演者の中島知子さんからは『女をもてあそぶ悪い男や』といじめられてますが、そのギャップを楽しんでます。ちなみに普段の僕はめっちゃいいヤツですよ」と本人の弁。全く違う人を演じるから役者やし、確かに、あの目線、表情、しぐさ・・・益々、演技は上手くなってる気がするんやけど、(でも、アップの顔とかないねん) 
なんとか、「健人」が素の「彼」に近い、「めっちゃいいヤツ」になって欲しい気がするなぁ。

あ、そうそう、明日放送のキンキの剛くん主演のドラマ「星に願いを」。姜くんは剛くんのお兄ちゃんの役で出るらしい。収録はすぐに終わったみたいやから、出るのは、こっちもチラッとかな(涙)。
お兄ちゃんの役やけど、剛くんと姜くんて同じ年やね。学年は違うけど。でも、やっぱりアイドルから見てるせいか、剛くんが年下に見える。小柄やし。
その剛くんが「食わず嫌い」に出てた。う~ん、イイ感じ。剛くんは、けっこう前から好きで、壁紙を剛くんにしてた時もあった。(すぐに、娘にTOKIOに替えられたけど) 剛くんの話を聞いてると、姜くんと似てるなって思うところがある。同じ関西人やし、お姉ちゃんがいる弟っていうのも似てるし、家にいるのが好きらしいし。ドラマの収録で話とかしたのかな・・・どうなんやろ。
う~ん、考えただけで、うれしくなるわ~ その光景・・・何でやろ?

今夜のドラマ
2005年08月18日 (木) | 編集 |
夕べのカミナリは怖かった! 結局パソコンが開けられず・・・

「おと夏」7回目を見た。姜くんが出るというので見てるドラマだ。仕事を持つ、多忙な主婦としては、ゆっくりドラマを見ることが少ない。まして、年とともに、見たいと思うドラマがなくて、気が付くとキムタクのドラマも見たことがない。だいたい、ダンナの帰宅時間が遅いので、9時、10時が夕飯の用意で、一番多忙やったりするし。
そんな、こんなのわが家ながら、今回は、「彼」がレギュラー出演するドラマ。毎回、ビデオ予約して、準備万端・・・・
でも、主人公ちゃうし、ヒロインとからむでもなく、毎回、チラッとしか出てくれない。しかも、笑顔がほとんど見られない。いつも悩み多き青年で、女にだらしなくて? 女に振り回されて、どこに本心があるのか、たよんなくて・・ええとこないやん!! 今回なんて、7話なのに? 出てるのに、セリフもなかったし!

この「おと夏」のHPはなかなかステキなんやけど、オフィシャルで、ここのBBSに応援メッセージよろしくってあったせいか、始まった頃は、姜くんファンからの「出番が少ない」という書き込みがいっぱいあった。しかも、30代~40代の女性ファンの書き込みが多くて(笑)・・・思わず、私も書き込んでしまった。何をって? 出番が少ないってことより、「おと夏」自体の感想を。
じっくり見てると、細かなところでけっこうおもしろいセリフとか出て来るし、エンディングの曲も懐かしくてイイ感じ。
でも、7話までくると、ちょっと退屈してきた。「彼」のファンとしては、ちっとも楽しめないし、オモシロクないのだ。だって、あの、カッコイイ姜くんの、さわやかな笑顔も、天然さ?も、な~んもないんやから。

仕方ないので? 先週放送されて録画した「わかば」総集編を再生して見る。
しっかしこれが、懐かしい「雅也さん」が見られてうれしいけど、45分×4回という、驚異的なまとめ方で、見たいエピソードやシーンが全部見られないのだ。なんか、奥歯にモノがはさまったようなむなしさが残るぞ・・・まぁ、ヴィーナスブリッジのクリスマスシーン、震災の日の涙の公園シーン、病院でのプロポーズシーン、酒蔵での西郷おじさんとの涙のシーンがあっただけでも、まぁええか・・・う~ん、やっぱり、姜くん、カッコええ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。