ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Love's Labour's Lost」~王さまは・・・
2007年05月05日 (土) | 編集 |
今頃は北九州、「恋は骨折り損」のまさしくファイナル。
最後はやっぱり、涙、涙・・・なんやろうな・・・
関東のお友だちが行ってるけど、「行きます~」ってメールもらった時はビックリして携帯を落としそうになった、いや、落としたわ・・・関西から北九州はまだ近いけど、関東からやったら・・えっ? 5時間? 何がそうさせるねん? 「姫」の力? 
「あの舞台を観たら、最後まで見届けたくなるよ。まっちゃんも~」
その時はまだ大阪公演も始まってなかったから、舞台を観てない私にはそこまでの気持ちはわからなかったよ。
でもね。観て思ったね。確かに楽しい舞台やし、「姫」がというより(いや、「姫」が一番やけど・・・笑) キャストのどの方にも会いたくなる舞台やなって。
でもまぁ、日程を考えると物理的に私には無理なんやけど・・・

でも、洋さん見たさに、WOWOWで録ってた「タンゴ・冬の終わりに」をチェックしたり、次回作の「お気に召すまま」や「オセロー」をチェックしたり、私の「舞台に行きたい度合い」が高まったことには違いない。
その証拠に? この春の散財を忘れたかのように?(苦笑) 8月以降の舞台をチェックしてる。「お気に召すまま」はもちろん、地球ゴージャスの「ささやき色・・」は北村ファンの友だちに誘われてるし、娘が観たそうなPiperの「ひーはー」にも行く気満々で・・・

そんなこんな中、姜くんは日記で小倉の香りを運んでくれてた。
今さら感想でもないけど、書き終わってないよな気分なんで、キャストの側からもう少し感想を。とりあえずはこの方からで・・・

[READ MORE...]
スポンサーサイト
尾張名古屋の「姫」寄りレポ
2007年04月30日 (月) | 編集 |
公式ブログによると、「恋は骨折り損」のパンフが売り切れて、名古屋千秋楽で足らなくなったとか。
1500円でこのパンフは安いよね~。稽古場風景も写真が多いし、(笑顔の「姫」がなんとも可愛い~!)各キャスト、スタッフのコメントも良いし、蜷川さんやいのうえさんの文章も読み応えあるし・・・姜くんのコメントなんて、コメント好きな私にとっては「宝」ですからね~
そんなこんなで、とうとう名古屋も終わってしまったね・・・

名古屋、楽前日のソワレ。
そうそう、アフタートークの後ソデにはける時、「姫」はいつものように?王さまに手を取ってもらおうと右手を挙げてポジションをとるんやけど、その手を、王さま、パチンとはたくんよね~ なんべんも、はたくねんで~! 左手ではたいて、右手でもはたき・・
「姫」がまた、うれしそうで~ (会場爆笑!) 
王さまの「好きな子イジメ」。それを見てる私も、な~んかうれしくなったんよね(笑)
 
大きな劇場での「恋は骨折り損」。
大阪に比べると笑いの大きさは小さめかなぁ。
キャパが広いしそう思うだけかもわからへんけど、そのせいか? 芝居がわかりやすいというか、メリハリがあるというか。
大阪公演を観た関東のお友だちが、「埼玉より大阪の方が芝居に慣れた感じでメリハリがあったけど、その分、細やかさがなくなったかも」と言ったのを思い出した。
埼玉公演を観てないだけになんともわからへんけど、名古屋は、大阪公演よりも「笑いどころ」を意識した感じになってたような気がするね。

とえりあえず、「姫」寄りな観劇レポを。
思い切り、長いです~

[READ MORE...]
王さまと「姫」の、熱い夜?
2007年04月29日 (日) | 編集 |
行って来たよ~!
「な~ご」「や~ぁ」「名古屋は」「金のしゃちほこエビフリャ~」!
ご当地ラップは、くっついてたね。姜くんの日記やないけど「エビフリャー」が!(笑)
なんと言っても、ABCの情報番組「ムーブ!」の王さま&「姫」のインタビューを見て以来、名古屋の「アフタートーク」にそそられてチケットを買ってしまった私。
お友だちの誰もが言うてたらしい。
「まっちゃんは必ず行く!」~ (苦笑)
と言いながら、名古屋の「愛知県勤労会館」はキャパがデカイ。遅がけの参加やから、座席は最初から諦めてA席を申し込んでたし、2階席の上の方やから、今回の観劇の中で一番「姫」から遠い席やったね。オペラグラスを持っても遠いわ~

そういう劇場ということもあってか、キャストの方も大阪よりも?演技にメリハリがあるというか、「笑い」の誘い方がいっそう激しくなってるというか・・・特に、「姫」! (笑)
ま、舞台の様子は次回書くとして、まずは、気になる「アフタートーク」から~
忘れないうちにね。
というか、私の記憶違いもあるかもわからへんし、私が感じたニュアンスを書くということで。正確ではないかもわからないので、聞いた方で、もし、お気づきの点があればぜひご指導を・・・
15分でも、書くと長いよね~ めっちゃ、長いです・・・

[READ MORE...]
とうとう、大阪ファイナル!
2007年04月24日 (火) | 編集 |
今回の舞台。
開始10分前、ロビー左手奥からドラムの軽快なリズムが流れて来る。公式ブログでも紹介されてたけど、ドラム、オーボエ、トランペット、ユーフォニアムの4人の演奏家が、シェークスピアな風貌?で現れて、いくつかのメロディを奏でてくれるんよね。オーボエとユーフォの音が心地よくて・・・あ、他の楽器もいいんやけど~ 娘が中高の吹奏楽部でトロンボーン、ユーフォ、チューバと低音部を吹いてたこともあって、毎回、ギリギリまで座席にいかずに聞いてました。
大阪公演を全部で5公演も行くという暴挙?に出た私やけど、(何回行ったか、ダンナは知らない~ くっくっ・・) 千秋楽が一番お客さんが集まって聞いていたと思うな。
1曲終わるたびにたくさんの拍手で、音楽担当であるオーボエの笠松さんがそのたびに会釈してくれました。何曲か披露してくれた中で、5回目にして初めて聞く曲もあって・・・う~ん、音楽に精通してないから曲名はわからへんねんけどね~
開演の案内を聞いてから座席へ。
このあと、ロビーにはキャストの人たちが集まってくるんやろうな~
大阪千秋楽。最後は上手の前ブロック。
「姫」の顔を、右側からしっかり見れる場所やね~

ネタバレですが、サクッと千秋楽を


[READ MORE...]
だから、舞台はおもしろい~!?
2007年04月23日 (月) | 編集 |
夜

とりあえす、サクサクと大阪楽前日のソワレのレポから。
東からお友だちが来ると言うので、ついつい焦って取った2階席。
やっぱり、こういう演出での2階席はちょっと寂しいね。
周囲の盛り上がりはどうしても控えめで、1階席の臨場感、連帯感の温度差は否めないし。
でも、まぁ、私は、かなり一人で盛り上がってたけどね~(笑)

パンフにキャストのコメントが書かれてるんやけど、洋さんの言葉の中に、
「本番中にハプニングとかアクシデントが起こった瞬間、アドレナリンがドバーッと出て本能的に対応することが演技の醍醐味かも知れない」とありました。
生の舞台はそれだけ、”今の自分”を試せる場所であり、そういうハプニングに対応できなくなったら恐怖で舞台に立てなくなるだろうって。
Cubeの稽古場レポで、「姫」がブローチを落とした時に、ロザラインの内田くんとアドリブで上手くかわしたら、蜷川さんに言われたとか。
「お前ら、そんなアドリブだけは何で上手いんだ!」

大阪4日目に行った時、ブローチを落として内田くんと上手く?アドリブで乗り切ってたけど、それがまた大阪らしく「笑い」を取ってったっけ。すごく笑ったし~
”演技の醍醐味”は、私ら観る側にとっても、醍醐味に違いないよね。

[READ MORE...]
舞台に魔物? ”誓約”で爆笑?
2007年04月22日 (日) | 編集 |
オフィシャルサイトCOOL、マメに更新してくれるからうれしいね。
”日記”に、大阪城を王さまとデート?したらしく、お城をバックに王さまに撮ってもらったという画像がアップされてた。ホント、仲良しなんやね~ 相変わらず?「ブス姫」って言われるらしいねんけど~ (苦笑)

さてさて、今日は大忙しの大阪公演楽日前のマチソワ。もちろん明日も行くので、とりあえず「姫」よりで簡単に?レポを。

週末となると、カップルや男性客も多い。もちろん、大半は若い女性やけど、普段見慣れない?中高年の男性もいるし、さすがに、蜷川さんの舞台やね。お客さんが多いと、笑いも多くて、けっこう受けてたと思うな。
私のマチネの席は、Cubeプレで取った中央のセンターブロック。
舞台を観るには良い席なんやけど、この舞台に関しては通路に面してないからねぇ・・・しかも下手の舞台下で演じられる時、斜め前のお客さんの頭とビミョウに被って・・・泣

ネタバレながら・・・

[READ MORE...]
大阪は、今日も熱いで~!
2007年04月19日 (木) | 編集 |
公園

火曜日に続いて、私の「恋は骨折り損」2回目の観劇。
お天気は曇りから小雨。昨日に比べてちょっと肌寒かったけど、BRAVA!は今日も熱かったよ!
特に私は、オープニングからニッコニッコで観てましたからね~
だって2列目やったんで、目の前にいる役者さんたちの汗とツバが飛ぶ?演技に、すっかり魅せられてましたから~ うふふ・・・

舞台レポの前に、今日の朝日新聞関西版の夕刊。
いつ載るんかと思ってたんやけど、今日の「演劇評」に載ってました。
残念ながらモノクロ写真。しかも、王さまとご学友の写真やん。
なんでよ~ 関東版はカラーの王さまと「姫」のツーショットやったのに~!
ま、しゃあないけどね。
朝日といや、公式ブログで主催の朝日放送さんは大阪名物「阪神百貨店地下のイカ焼き」、しかも「デラバン」を差し入れされたとか。おいしいよね~ 大阪の粉モンは~

「演劇評」は京都教育大の先生の評。
「出演者は男性のみ。艶やかな貴婦人姿に歓声があがる・・・かぶり物をした劇中劇に笑い渦巻くところへ、突如、フランス王崩御の知らせが届く・・・死の静寂が浮かれた恋の騒ぎに終止符を打つ・・甘い青春の夢は覚めて、うつつに引き戻された切なさが漂う」
パンフの蜷川さんの言葉を読むと、「・・・稽古を進めていくうちに、父(フランス王)の死をきっかけに、恋愛はつかの間のもの、青春は過ぎ去るものだということを発見し、荒唐無稽なだけで終われなくなりました。大切なのは抒情・・」とありました。
単なる言葉遊びではなくて、青春のはかなさが最後にはあるんですね。
「人間が待ち望むふとやってくる抒情的瞬間」。蜷川さんは、それをキャッチしたいと言うてはるんやけど、なるほどな~と。
臣下の「お父上には・・」という言葉に、「姫」が、(今日は、私の斜め前に立ってはんねんな、姜くん~うふっ) 少し間を置いて、「お亡くなりになったの?」って言うんやけど、あの間が、王女を現実に引き戻すんよね。
そこから・・・確かに、あそこで空気変わったんよね。

と、書きかけたら、多分長~くなるんで(苦笑)、とりあえず、簡単な?今日のレポを・・・


[READ MORE...]
やっほぅ~! ひめぇ~!!
2007年04月17日 (火) | 編集 |
ブラバ

行ってきました!
私の大阪観劇初日。観てきました。「恋は骨折り損」!
味わってきました。「蜷川シェークスピア」! 
そしてそして、凝視?してきました。「姫」~! 

もともと今日は行く予定やなかったんやけど、北村さんファンの友だちが急に行きたいっていうたんで取ったチケットです。だから、2階席。しかも王さま通路側で、舞台はよく見えるものの、客席は右手の前方がチラっと見えるくらい。とにかく、一階の客席通路で演じられててもサッパリわかりません。同じS席やのに・・・
多分、今日は、アクシデントもなかったと思うんやけど。
オープンニング。キャストが客席通路から登場したら、2階席は自然にみんな前のめりで・・すいませ~ん・・・
隣に座った観劇初心者の友だちが私のウデをつかんで言うねん。
「きゃーっ、北村一輝カッコいいやん~☆」
彼女の小さい絶叫?にうなずきながら、私は姜くん観てるし・・・うふふ~

「姫」、確かにキレイです。
色が白くて・・あ、内田くんが黒いからそう思うだけ? (笑)
ドレスがまたキレイで、ついつい見とれてまして。
でも、やっぱり、北村さんがいちばん人気のような気がするな・・・。

以下、多少のネタバレで~

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。