ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋する妊婦」紀行 その2
2008年03月06日 (木) | 編集 |
パンフ


今月の壁紙。
うれしいような、ちょっと困るような・・・
だって、見るのが恥ずかしいくらい画面いっぱいに姜くんの顔やし~ (汗) 
パソコン開けるたびにドッキドキ。
ちょっとうつむき加減にナナメ右下を見てるんやけど、マトモにこっちを見つめてたら・・・壁紙にでけへんとこやん。いや、いまでもどうしようかと・・・(苦笑)
ここまで大きな姜くんでなくてもええんですけど・・・

記憶が薄れないうちに書いておかないとね。「恋する妊婦」。
砂羽さんのブログによると、「恋するご一行」さんは、打ち上げだけでは飽きたらず?箱根温泉ツアーにお出かけしたそうな。仲良しになったのね~

コクーン入り口のモギリの横に、「坪内竹之丞一座」の立て看板があった。
化粧した、風間杜夫さん扮する座長の顔が貼ってあり、コクーンでホンマに大衆演劇があるかのようやった。
舞台も同じ。大衆演劇の舞台らしく両サイドにのぼりがあり、壁にポスターが貼ってある。その上には赤い提灯がずらっと並び。これはコクーン座席の上まで並んでた。
舞台の上には、舞台と座布団敷きの客席、上手に桟敷席、下手に花道まである。
岩松さんやし唐突に始まるのかな・・と思ったらいきなり昭和歌謡のようなオジサンの演歌が流れるんよね。どっかで聞いたことのある曲やねんけど・・・音楽が終わって暗転から舞台が明るくなっていよいよ始まり。今回はわかりやすいわ~(苦笑)

ちなみにラストは、キョン×2演じるママとさつき姉さんの砂羽さんの妙なやりとり(笑)のあと暗転し、またまた昭和歌謡が流れるねん。これはよ~く知ってるよ。小林幸子の「とまり木」・・・(笑)
この演歌が流れる中、カーテンコールが続くんやけど、思わず口ずさんでしまうから~
・・・やせた女のとまり木に 
背中を向けたにくい人
すがって行きたい
あなたの後を

なんて歌ってる場合やなかったわ・・・・


[READ MORE...]
スポンサーサイト
「恋する妊婦」紀行 その1
2008年03月04日 (火) | 編集 |
原作


今回の東京行きは往復新幹線。でも自由席。
何気に空いてるところに乗ったら3両目。つまり唯一の喫煙車両やった。
えらく背広姿のおじさんとかが多いな・・とは思ったけど、さすがに、いぶされてる気分やね・・・(苦笑)
そんな中で原作を読んでる私。なんせ、慎之介のところしか読んでなかったんで(笑)
それほど長くない本やし、読みやすかった。
戯曲やからセリフとト書きで書かれてるんやけど、やっぱり、その向こうに見えるものを自分で描こうと・・・けど、ちょっと煙いかも~ (苦笑)

岩松さんの作品は、「起承転結がない」とか、「人間の心を描く」とか、「頭で理解するより心で感じる作品」・・・なんて評されてるんで、わかりづらいい、難しいという先入観があった。
1月に観た「死ぬまでの短い時間」は、ホンマにわかりづらかったしね(苦笑)。
でも、この作品はそれほど難しくはなかったかも。大衆芸能の一座ってベタな設定やし、読んでて、なんとなく絵が想像できるというか・・・登場人物の心理はカンタンに理解できないにしても、絵が描けたら何となくわかったような気になるからね。

ま、私の場合は目的が姜くんやし。
岩松作品を観に行くというより、演じてる役者としての姜くんを堪能できたらOK。それでなおかつ、舞台自体も楽しめたらなおよろし~って言う気持ち。
たぶん、姜くんが出てなかったらず~っと岩松さんとは縁はなかったような気がするけどね (苦笑)

さて、その「恋する妊婦」を舞台で観たら・・・


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。