ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪「ダブリン・・・」 第3弾!
2005年11月27日 (日) | 編集 |
「ダブリンの鐘つきカビ人間」。町の人がいろんな病気に犯され、醜いカビ人間になってしまった主人公が片桐さん。あんまり汚い?っていう感じではなくて、何となく悲しげで良い人やったね。気持ちと反対の言葉しか言えない病気になったおさえちゃんと、ほのかに恋が芽生えるんやけど、最後は悲しい結末になるねんな。病気が治るためには「ボーグマホーン」という剣が要るんやけど、最後に、そのボーグマホーンをおさえちゃんが持って行った時から、この悲しい結末は想像できたね。やっぱりって。

森に迷い込んだカップルの聡と真奈美が姜くんとアンナちゃん。いつの間にかその町に入り込んで、途中で橋本戦士と戦ったりして、二人でその剣を探しに行くねん。ほんで、意外にもヘタレな姜くんが、あ、いや、聡が活躍?するんやけど、カニさんあり、エルビスあり、海賊ゲームありという、いろんな笑いのネタが登場してくるワケね。カッコイイ姜くんのおかげでボーグマホーンをゲットするんやけど、お話は悲しい方向へ行くんよ・・・。

さてさて、「偉そうにできない病」にかかった王様が、そのボーグマホーンを探し当てたらご褒美をくれるって言うねんけど、ご褒美は日によって違うみたいで、ここが後藤さんのアドリブなワケね。
東京公演のレポを読んでたら、「王様の待ち受け画面」やったり、「お米5kg」、「王様の声入り目覚まし時計」とか言ってたらしい。
大阪ではこんなんもあったらしいよ。「城之崎カニツアー」・・・い、行きたい!
ちなみに、20日マチネの王様のご褒美は「私のサイン入りフリーター3人」(どういう意味?)
それと、神父の「へんな人形」の名前、この日の池田市長は、「メレンゲ」と言ってた・・・前日がブーケガルニ、池田さん、料理しはるんかな? (ちなみに、大楽のソワレは「パロマガステーブル」やったらしい。やっぱり、料理好きなん?)

大楽ソワレは、行った友だちの話では、カテコ5回。4回目のシメの挨拶はカビ人間の片桐さんが指名されたらしいよ。どうやったんやろ~。
それと、最後(5回目)は、役者さんたちみんなで「群馬水産高校校歌」を歌ったとか。拍手がいつまでもなりやまないので、王様が「あなた方は何が欲しいんです?」って聞いたら、会場から「姜く~ん」っていう声があったんやて~。
(友だちではなかったらしいけど・・ホンマか?)
でも、王様は、「それはあげられません」と言ったとか。残念やね~

さすが、大阪やね。掛け合いがうまいというか、千秋楽最後になったら、厚かましいというか・・・いろいろ、舞台と会場とで言葉の投げ合いがあったらしいよ。
う~ん、そこに居たかったよね。
やっぱり、大楽はいいな~ 次回は、大楽へ行こう!

さてさて、夢のような2日間は、これで、おしまいなのら~。

スポンサーサイト
大阪「ダブリン・・・」 その2
2005年11月27日 (日) | 編集 |
私の「ダブリン・・」2日目。
19日マチネは5列目の中央、右よりの席。ホントに芝居がよく見えて良かったけど、翌20日マチネは8列目の左ブース。右向きの芝居をする役者さんの表情が見られないのが残念やね。でも、その分、前日気がつかなかった左側の芝居がみられたけど。
例えば、指に鳥が止まる病気になった田尻さんが指を出した時に、先に鳥をつけた棒をひょいと出したのが及川さんやったこともわかった。市長の池田さんが「さだはる」(ピカチュウ色の怪獣の乗り物?)に乗って出てきて、舞台の右手で侍従長を蹴ってたころ、姜くんが左の方で、貫禄ある(笑)平田さんに押されて跳ね飛ばされてたのを発見。
そうそう、何故か、山中さんがファーストフードの店員さんになってコーラを持ってくるんやけど、何でかがわかった。何でって? 神父にダマされたと知った橋本戦士が、怒りでコーフンし過ぎたために、真奈美が「コーラ二つ」とか言うてはけるねんな。ちょっと聞き取りにくいセリフやったんで、前日は、わからへんかってんけど。

芸達者な役者さんが多い中、プレトークで、私のごひいき俳優に名を連ねた(笑)のが橋本さん。背が高く大きなホリの深い顔、男前ではあるけど、濃いよね~。
カビ人間がおさえちゃんと話してたら、いきなり舞台に飛んできたのでびっくりしたし、ニヒルな戦士やのに「おさえちゃ~ん」とコミカルに叫ぶ落差。気持ちと反対のことしか言えない病気になったおさえちゃんの、「お前、うぜぇ」に怒ったり、神父にだまされたと知ってすんごい表情になったり、熱い演技は笑いを誘ってたね。
そうそう、前日”豚まん”呼ばわりされた平田さん、「この美貌で山賊を何人も死に追いやったこのアタシが・・・膝が痛ぇ・・」・・・もう~、大笑い。しかもあのカラダで軽快に?踊る迫力もすごいし。(姜くん、平田さんのおもしろさにハマってるとか言ってたよね~)
それから、ライフの女優、及川さん。天使の羽がよく似合ってたけど、ウワサ好きの悪役。終盤、市長に「カビ人間」をおとしめる歌を歌わされるんやけど、池田市長と山内神父が迫った時、小柄な及川さんのかぶってる帽子のツバが山内さんの顔に当たって、山内さんの顔がゆがんだみたい。多分ね。(左側では見えへんねんけどさ) 池田さんが思わず、「大丈夫か」ってセリフのように言ったんで、会場は大笑い~
カテコは4回。3回目に山内さんが、「うるさいねん、その拍手・・」とか言ってたけど、(いっつも言うみたいね、笑) うれしそうやった。隣の姜くんともナニやら話してて、姜くん笑ってたよ。

シメの挨拶は後藤さん曰く、「大阪といえばこの人! 佐賀出身の (なんでやねん・・・つっこんどこか~) 中越典子さんです」 
中越さん、びっくり。言葉がすぐに出ず、アンナちゃんが大笑いしてた。ほんで、言いかけてまた言葉がとぎれて、今度はみんなに笑われてた。
細いし、かわいいね~

最後は、山内さんがギターを抱えてきて、英語?の歌 (何の歌やら?) を後藤さん、アンナちゃん、トロイさんが歌ってた。他のみんなも歌いながら手拍子。会場も手拍子・・・(手拍子のリズムがすぐにわからず、乗り遅れそうになった私・・・い、いかん)
途中でリズムが変わるんやけど、その時、姜くんは両手を挙げて手拍子するねん。そしたら、オヘソが見えて・・・お、おいっ! 見えへんやん。中山侍従長、かぶってるで~ じゃ、じゃまやって・・・・・最後に、ちゃんと見れたんで、ま、OKか~!  
私の初日!大阪「ダブリン・・」
2005年11月26日 (土) | 編集 |
19日マチネ、もう、朝からワクワクやった。
電車に乗ったら、窓越しに虹が見えて、「今日は、なんか良い日になりそう」・・・ホントに、ステキな”私の初日”、「ダブリンの鐘つきカビ人間」の観劇やった・・・

ストーリーは、けっこうブラックユーモア。でも、笑いあり涙ありのファンタジー。
”笑い”その1 は、なんと言っても、王様、天使、中村さん、森の司会者など変幻自在な後藤さん。自分の脚本なのに、チラチラ登場してはおいしい笑いをとっていく。出てくるたびに、地元の地名を織り込んだ立て板に水のセリフ。なんや知らんけど、可笑しい! ちなみに、本日の王様のご褒美は「王様オリジナルブルゾン」。
ほんで、あの森のアドリブパントマイム。(この日はイカをぐるぐる回してた・・・それ見て、マジで笑ってる姜くんが、また、かわいいんよ!)
”笑い”その2は、山内「神父」と池田「市長」のコンビ。 群馬水産高校で黄金バッテリー?やったらしくて、市長の「私がライトで~」、神父の「私がレフト」(関西弁!)の掛け合いは、わかっているのに可笑しい。ベタな吉本風やねんな。
もちろん、「こんにゃく畑に春が来た・・・海がないのに水産まなびや群馬水産高等学校・・・なんて歌だか」という、ミョウな歌も可笑しい。ましてや、神父が占う「へんな人形」に「名前をつけろ~」と叫ぶ市長が、「例えば・・・(タメたっぷり!)・・・ブーケガルニ・・」、神父の「はぁ~?」。この二人の、間(ま)がバツグンだ。池田さんのアドリブを待ってる、あの山内さんの辛抱たまらん表情が素なんか演技なんだか、見てるこっちが引き込まれて笑えてくる。も~たまらん! ギャハハ・・

個性的な役者さんがそろった舞台やけど、一番期待していたのはもちろん、へタレな聡役の姜くん。まったく、へタレがぴったりというくらい、アンナちゃんのお尻に敷かれてた。演出のG2さんがプレトークで言ってたように、「おバカな」姜くんやったね。ひょっとすると地やったりする? パンフのコメントに、「真奈美タイプの女の子に引きずられたいれたいところが自分にもある」みたいに書いてあったし。(自分で言うかぁ~?) 
聞いてはいたけど、あの”カニさん”のアホっぽさ、足の長~いカッコいいプレスリーのコスプレ、その上、聞かせてくれる?「ラブミー・テンダー」の歌声・・・も~、怖いものナシって感じで(笑)、おかんはうれしい。
(なんで娘はこの姜くんに気づかへんねん。どう見ても、どう聞いても、彼やん! ねぇ~)
最後に、アンナちゃんを抱き寄せて、「泣くなよ。オレがそばにいるからさ」なんてあたりは、あの「雅也さん」を彷彿させて、またまたカッコいいやん。

とにかく、この日は舞台の前に、偶然道中で彼に出会ってしまったことで、も~気分がハイテンション。すっかり、夢心地の私やった・・・うふふ
帰りの電車の中でも、きっとニタニタしっぱなしやったと思う。
まったく、罪なオトコやで、彼は・・・

この日のカテコは3回。「シメは、大阪と言えば”豚まん”、"豚まん”と言えばこの人、平田敦子さんです」という、後藤さんのフリでのけぞる平田さん。
(”豚まん”が出た瞬間に想像できた?) 
「どうぞパンフレットの私の写真は素晴らしいので、ぜひ買ってください」みたいなことを言ってはった。
う~ん、確かに、すばらしいショットで・・・・

大阪公演!
2005年11月21日 (月) | 編集 |
追加公演もあった、「ダブリンの鐘つきカビ人間」大阪公演。3日間3公演のチケットをゲットしてたものの、金曜日の夜の公演を次女に譲った。おもしろそうやし、娘にも、是非見せてやりたかった・・・っていうか、娘にしたら、留守番してオトンのお守りするよりも、観劇をとったんやね。 

帰って来た娘に聞いた。けっこう、ご機嫌だ。
「どこがおもしろかった?」
「群馬水産高校校歌!」
「そうか、やっぱりそれか~」
「・・・こんにゃく畑に春が来た・・っていうねん」
「山内さん、アンタの好みとちゃう?」
「あぁ、神父さん? うん、いいな。 でも、あの人、前にTVで見たで。あの王様と一緒に」
「ふ~ん、王様は後藤さんね。あの人が書いてはるねんで」
「知ってる。『みなさんの夢を壊すようで申し訳ありませんが、私が書きました』って最後の挨拶で言うてはったし」
「カーテンコール何回やった?」
「3回。最後に、その山内さんがギター弾いて、英語の歌を歌ってはった」

「姜くんどうやった?」と私が聞いた時、娘が大きな声で言うんよ。
「そうやん! カーテンコールで、気ぃついてん。あのヘタレの聡が姜くんやって!」
「はぁ?(神父ふうに) どう見ても姜くんやん」

そういえば娘は、キャスティングも確認せず、ストーリーなど前知識を少しも入れずに観に行ったんやった。というより、おかんが買ったチケットやねんから、姜くん出てるに決まってるやんか~!
「そやし、もっとちゃんと観といたら良かったって思ったわ。プレスリーとかさぁ・・」
「はぁ?(神父ふう)・・ん、もう~!(ジジイふう?)」
「ヘタレな役はぴったりみたいやで。めっちゃしょぼいねんな」ほっといて~
「・・そうか~、姜くん、頑張ってたんや~」しみじみ・・
「なんで、そこで保護者みたいになんねんさ」
「当たり前やん。母の気持ちやねんから」

この日の「変な人形」は、「やまぐちもえ」「ピロリ菌」らしい。
王様のご褒美は「阪急の商品券3千円分」
カーテンコールのシメはジジイとか。

さてさて、いよいよ、明くる日。
私の「ダブリン・・・」観劇が始まる・・うふふ・・

本屋通いは日常に
2005年10月07日 (金) | 編集 |
本屋さんで立ち読みをよくする。仕事がら、前からよく行く場所やけど、特に、今年に入ってTVガイド本をチェックするようになってからは(「わかば」のために!)、もう日常やね。
最近は、もっぱら、舞台関係の本が目当て。(もちろん、仕事がらみの本も読んでるけど!)
先日、「男前倶楽部」という本を読んだ。「彼」を知らなかったら、絶対手にすることもない本だ。以前から何度か見たけど、なかなかお目当ての「彼」は載ってない。今回は舞台の前なのでどうかな~と手にすると、あった! 「ダブリン・・」・・・あ、でも、姜くんやない。共演する橋本さとしさんと山内圭哉さんの対談やて。
読んでみる。も~、爆笑! 大阪人のボケツッコミが炸裂し、文字をたどりながらも、ニュアンスまで聞こえてきそうな会話だ。インタビューに行った人も、たいへんやったやろうな。いや、おもしろすぎて。
年齢は橋本さんが上。大阪芸大出で、劇団☆新感線出身。舞台やミュージカル、TVドラマ等で広く活躍する。先日の、大阪ドラマシティのプレトークショーでも笑い満載で、姜くんもすっごく喜んでた。
山内さんは、そのプレトークで放映したDVD「ガマ王子VSザリガニ魔人」を見て初めて知った人やけど、シリアスからコメディまで、舞台などに引っ張りだこの俳優とか。先日、女優さんとウワサがたって、それで、(多分、フツウなら映像までなかったと思うけど)制作発表の映像がアップされたんやった。この人も個性的でオモシロイ。東京のプレトークショーでも、姜くん、なぶってもらえたみたいやし。
先月の「JUNON」に「ダブリン・・」に出る姜くんと土屋アンナちゃんの対談が掲載されたけど、この時の姜くんはかわいい。年下(しかも人妻、子持ち!)のアンナちゃんに終始イニシアティブをとられてる。恋愛観を聞かれ「ピュアな恋愛がしたい。べったりじゃなくてドライな関係がいい」といい、好みの女性は「自立した人がいいな、でも僕はちっとも自立してなくて・・全部受け止めてくれて怒ってくれるような・・」なんて言ってる。ドラマ「anego」にハマってたって!  やっぱりね~。(見てないから知らんけど)どうも姜くんはお姉さんがいいみたいね。(ん? お姉さんにも限度がある?)
「TOP Stage」では、橋本さん、主演の片桐仁さんと対談してた姜くん。ここでも、橋本さんにいらわれ、「僕、こんなナヨっとしてるじゃないですか」なんて言ってた。自分でいうか~?(笑)
もうひとつ、「ドラマジェニック」という高価な本(1500円やった!)に姜くんが載ってるというので買った。(経費で落とそう・・・何の経費よ?)
ここでは、片桐さんと脚本&出演の後藤ひろひとさんとの対談。姜くんは、真面目に一生懸命答えてるって感じで、写真も「おと夏」ふうながら(笑)カッコ良く決まってる。コメントに、「戦隊ヒーローをやって、自分の実力以上に注目されたりするのが、最初はイヤだったけど、注目されることで、それに見合う自分になろうという意識を持つようになって、すごく変わったと思います」これが役者としてのターニングポイントらしい。
何でもいい。楽しく芝居ができれば、きっと結果がついてくると思うよ。
「ダブリン・・・」楽しみ~

大爆笑!プレトークショー
2005年09月26日 (月) | 編集 |
来た~! 11月の「ダブリン・・・」のチケットが届いた。
大阪の3公演を申し込み、抽選で全部取れた。座席しだいでいつ行くか決めようって思ってたけど、なかなか良い席なんで、3日続けて行くかも・・・うふっ!・・仕事はどうすんねん!
これに先がけて、7月、「ダブリン・・」のプレトーク&「ガマ王子VSザリガニ魔人」(なんちゅうタイトルなんだか)のDVD上映会が、大阪ドラマシティであった。
このお知らせをCubuのHPで見た時、「出演:G2、中越典子他」って書いてあり、ひょっとして姜くんが出る? と、大阪組のBBSで話題になった。ほんで、その、「他」に賭けて思い切って申し込むことにした。
そしたら、ホンマに「彼」が出るやないの・・・キャーッ、生・姜くんに会える~!! 大阪組は全員抽選に当選。(っていうか、申し込み者が多かったのかどうか?)・・・

とにかく、楽しいプレトークショーやった。司会進行が派手な衣装に指輪ジャラジャラのゴング桑田さん(舞台役者さんらしい)。トークメンバーは監督のG2さん、出演の橋本さとしさん、中越さん、そして姜くん。中越さん以外みんな関西人なんで、さながらボケ&ツッコミ、お笑い満載のトークショーに。もう、とにかく、笑いっぱなし。
ゴングさんがまずG2さんを紹介。二人の漫才のような会話が長びき(20分ぐらいあったかも、もう~どうなるんよ・・・)で、やっと橋本さんの紹介。「もう、いつ出ようか思ってたやん。はよ紹介してよ~」って、橋本さんもおもしろ過ぎ! 橋本さんが出演してる「はるか17」のVが紹介されたんやけど、また、漫才?が長びきそうになり・・・やっと、姜くんの出番・・・もう、すでに予定の30分は過ぎてるで~ 
ゴングさんが簡単なプロフィールを読んで、あっさり「暢雄~」とよぶ・・・「軽い紹介ですね~」と言いながら姜くんが登場。キャー! 姜くん、顔ちっちゃい! 橋本さんと並ぶし、よけいにちっちゃい(笑)。しかもスリム!「暢雄、痩せたんか?」と、みんなに言われ、腰とかさわられまくり。「もう~、いらわれまくってますし~」と叫んでる姜くん。相変わらず、ツッコまれキャラやね~。
「あ、暢雄のVないねん。こんなとこで使われへんらしい」
「え~、そうなんですか」と姜くん。んで、中越さんが登場。すっご、細い!
「中越さんはVあります。こんなんに出てはります」とゴングさん。
見慣れた「おと夏」のVが流れる。あのウミガメの卵のシーン、もちろん「彼」も映ってるし~。「あの、僕も出てますし~」って姜くんが言ったら、橋本さん、「エキストラちゃうん? アルバイトの兄ちゃんやろ」って。「彼」は笑ってコケそうになり、会場も大爆笑!! 
「中越さんと二人、共演してるんやね」とゴングさん。
「あ、はい、そうです・・・」と姜くん。
「恋人同士で、同棲してるらしいやん」
「そうなんです・・あ、テレビの中ですけど」って姜くんが言うと、
ゴングさん、G2さん、橋本さんの3人の関西人が一斉にツッコむ。
(私もツッコんだ~)
「テレビの中? せっま~」
「そんなせっまいとこで、同棲してんの?」
「事務所の方、もっと、広いとこ用意したってよ~」
もう、会場笑いっぱなし。関西人の「彼」もいじられて、すっごくうれしそうやった。
それぞれ椅子に腰掛けてトーク。姜くんは椅子に座ってても、終始落ち着きがないねんな(笑)
今度の「ダブリン・・」の舞台について、監督のG2さん(知る人ぞ知る?本名をゴングさんらに連発されて嫌がってたけど)は、「姜くんの役は、迷い込んで来るカップルの一人で、土屋アンナちゃんのお尻にしかれる役なんです。だから、今回は、カッコいい男になってもらいたくない。バカやってほしいですね。いや、こう見えて、彼はオモロイ男ですよ。バカというか(笑)。だから、舞台でもそのままバカになってもらいたいですね~」・・・つくづく、みんなにかわいがられてるよね。
「僕は、バカ=オープンハートだと思ってるんで、舞台の上で漂いたいって思ってます」と姜くん。言うてる意味がようわからんけど(笑)、みんなにバカ、バカと言われて、終始、うれしそうな笑顔。ホンマに、オープンハートな「彼」やね。
橋本さんの役もおもしろそう。「僕も、バカになろうと思ってます。ノブと競争ですね。バカになる競争。だから、オモシロイですよ。『ノブリン』の鐘突き・・・」って橋本さんがボケるから、すかさず姜くんが「『ノブリン』やなくて『ダブリン』ですから」ってツッコむ。ちゃんとツッコめた、えらい! (笑)
とにかく、終始笑いっぱなし。姜くんは、相変わらず、オドオドと挙動不審で(笑)、メチャかわいい。時間も大幅にずれ込んで、30分の予定が小1時間もトークショー。大阪ファンにはうれしい限りやね。「ガマ王子・・・」のDVDの上映開始もずれて、終わったら10時やった。でも「ガマ王子・・・」もおもしろかったし、「ダブリン・・」の舞台も期待大やね!
大阪のファン仲間とも会えたし。充実の、夏の夜やった~。
おまけ、コーフン冷めやらずJR大阪駅で、快速に乗るつもりが、何げに乗ったら各駅停車・・・家に帰り着いた時には馬車はかぼちゃになり・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。