ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ9月、夏休みも終わりやね
2006年08月30日 (水) | 編集 |
この時期になるとなぜかもの悲しい気分になる。
ヒグラシやツクツクボウシの鳴き声なんかを耳ににすると、「夏の終わり」を感じるよね。多分、子どもの頃の「夏休みが終わる」という寂しさがトラウマになってるのかも。
10年ほど前までは子どもの宿題に付き合ってたから、8月末は自由研究とか絵日記とか読書感想文とか、親も必死になってたっけ。懐かしい・・・しみじみ。(日常日記みたいな始まりやな・・)

そんなことを思いながら、「がきんちょ・・」、毎日録画してしっかり見てるよ。
(ホンマ、愛の力はすごいね・・・笑)
ありえない展開ながら、随所に考えさせられるところがあるし、子役さんたちも熱演してるし、よ~く考えたら「どやさ~?」と言いたくなる大人たちが、ミョウに説得力があったりして、な~んか面白い。
ここに、”カリスマ投資家”の彼がどんなふうに絡んでいくんかな、なんて思いながら、いよいよ来週から登場なんや~ってワクワク。オフィシャルサイトでは、ロケ地で鮎の塩焼きを頬ばる彼の画像がアップされてた。
えみりちゃんのブログでは、今月いっぱいスタジオ撮影が続くようやけど、暑さも続いてるししんどそう。みなさん、ホンマ、頑張ってほしいね。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
9月はわが家で「夢」みとこ~(泣)
2006年08月28日 (月) | 編集 |
昨日は「Top Stage」の発売日。
Lifeの9月公演「夏の夜の夢」でコンビとなる、芳樹さんと松本くんのトークが掲載されてた。
芳樹さんが、松本くんをすごくリードしてるのがカッコいいな。
そういえば、イープラスの動画で、曽世さんと芳樹さんと大ちゃんのトークが見られるんやけど、芳樹さんがすっごくしゃべってるからビックリ。(曽世さんより!?)
そうそう、先々週の「チケット情報局」のゲストで登場した時も、随分話してくれたよね。芳樹さんは無口やと聞いてたし、役柄のイメージも静かな感じが多いんでそういうイメージやったけど、実はすごくおもしろい人みたいね。
石飛さんも言ってたけど、お酒飲んだら特にしゃべるらしいよ・・・(一緒に飲んでみたい~! 飲みに行こうと誘ったら絶対断らないって、石飛さんが言うし~ )
まぁ、スカパーの「Life Style」で、むっちゃ関西弁の芳樹さんを見た時も、な~んとなく抱いてたイメージと違うなぁとは思ったけど。でも、それだけに、「白夜行」の「亮司」や「ユーリ」を演じてる芳樹さんはすごいなぁと思ってしまう。
今回、「芳樹さんと一緒というのは心強い」って言ってる松本くんも、「(芳樹さんは)普段はクールなんだけど、実はおもしろいんですよね」と言ってた。
そうそう、今回は歌って踊る?舞台で、二人のデュエットがあるらしいよ。観たいな~ (泣)
でもでも、フツウの主婦にとっては、東京遠征は夢のまた夢。
(最近、フツウでないような気もしてきたけど・・・)
12月になんとか行ければと期待してるだけに、ここはガマンで~(泣)


[READ MORE...]
陰陽師?が好きな「探偵もん」
2006年08月25日 (金) | 編集 |
昨日は、エンタテイメント誌「Look at Star!」の発売日。
掲載されてるって言うんで、仕事帰りに本屋さんへ。表紙で確認。
「お、笠原さんと出てるやん」・・・
姜くん、やっぱりカッコいい~
JUNONの写真な「さわやか~」な感じやけど、こっちは、リラックスした感じ。笠原さんといる時って、いつも姜くんはうれしそうやもんね。大好きな先輩みたい。
お互いに、これからのぞむ舞台について語ってる。
笠原さんは、9月の「魔界転生」についで、11月の「錦鯉」にも出はるんやけど、観たいね。
「魔界転生」(山田風太郎原作)は昔、映画でジュリーが天草四郎を演じたんやけど、今回は成宮くんがやるらしい。ほら、「NANA」で「ノブ」を演じてる役者さんね。笠原さんは由井正雪。G2さん演出での豪華キャストやし、観たいよね~ でも、大阪ではないしね。
「錦鯉」は仁侠モンで、ヤクザの若頭らしい。大阪公演もあるらしくて、ちょっと悩むわ。
なんでって、やっぱり笠原さんもいいな~って思うし。春の血祭り公演もやし、先日の「森生き」でもそう。やっぱり王子はカッコいい。
でも、そんなあれもこれも観に行くのも・・・でも観たいな。

姜くんも、これからの仕事や舞台について語ってるよ。




[READ MORE...]
だから、キミが好きやねん
2006年08月23日 (水) | 編集 |
もし、姜くんが関西ローカルの番組に出てくれるなら、まず、「ちちんぷいぷい」やね。この番組には、じつは2003年に「今日のダレ?」というコーナーで姜くんは紹介されてるんやけど、まだ「わかば」にも出てなかった頃やし、もちろん私は見てない。映像があったかどうか知らないけど本人が出たわけではない。でも、あれから3年、MBSの昼ドラにも出てるんやし、もう1回、ぜひ! できれば、スタジオに来て、角さんやざこばさんにいじって欲しい。

それよりもっと出演して欲しいのが、「快傑えみちゃんねる」。関西の主婦代表、パーソナリティの上沼恵美子さんが、毎週豪華なゲストを迎えて“過激すぎる大爆笑トーク”を繰り広げる番組。淡路島出身、同じ年でもあるえみちゃんのツッコミは、私の分身かと思うくらいのおばちゃんぶりで(笑)、毎週勉強させて?もらってる。それに、この番組、けっこう若い美形俳優が登場してくれるんよ。もちろん他に、お笑い陣も出るし、シブイ俳優さん、女優さんも出るけどね。
先日は、「きらり」の福士くんが出てたし、塩谷瞬くんも出てたよ。元ヒーローの金子昇くんとかはよく出てるしね。
だから、姜くんにも、ぜひ出て欲しい。ほんで、キムタク好きなえみちゃんに、根ほり葉ほりいじられて欲しいな。兵庫出身やし、きっとえみちゃんも気に入ると思う。いじられてキョドった姜くんを見て、関西の女性ファン(おばちゃんファン?)はきっと増えるはず!
ちなみに、この番組のスタジオ見学、競争率40倍らしい・・・

と、まぁ、アホなことを考えてる私やけど、昨日、前の本屋さんで見つけてしまったのだ!!
23日発売のJUNON10月号。フライングやね~


[READ MORE...]
泣いたで~、「がきんちょ・・・」
2006年08月20日 (日) | 編集 |
お盆明け、暑いわ、仕事がバタバタでしんどいわ、ヘバるおかん・・・

けど、先月末から始まった昼ドラ。MBS(毎日放送)の制作ながら、関西ものではないんやけど、毎日録画して見てるんよね。
昼ドラを、しかもお子様向け?を、毎日見てるって、いまだかつてない状況がまだまだ続いてる私・・・(笑)
今までの生活なら、絶対見るとことはないのに、まったく、姜くんがもうすぐ出る、というだけで見てるんやし、すごいもんですわ。
しかしながら、どうやら姜くんが登場するのは9月からのようで。
今、子役で出てる「孝之」くんの18年後を彼が演じるらしいねんけど、ま、いいか~ (あ、これは主人公「マチ」の口グセやった!)

しかし、何気に、「世界は僕らを待っている」っていう歌を、口ずさんでる自分にはっとする。ナニ!? これって、昼ドラの挿入歌、「ぱれっと」の歌やん・・・(踊れませんけど~!)
というか、年甲斐もなくこの昼ドラ「がきんちょ・・」を見て涙ぐんでるおかん・・・泣かせるねんな。最近、ホンマに涙もろいわ・・・特に、子どもがかわいそうな目にあったり、親子の情愛とかがえがかれると、ど~も、涙が出てくるんよね。トシか・・・

ま、それはともかく、子役の「孝之」くんを演じる嵐くん、この子がまたかわいい。この年で役者に徹してるところがすごいねんけど、役としての「孝之」くんも、母を亡くして精神的に苦労してるんよね。淋しいけど、仕事人間のキッチュパパの立場を理解してるし、心優しいねん。だから、人の気持ちもよくわかるのか、主人公「マチ」を理解してるし、わがままやけど同じように淋しい思いをしてる「もも」をも気遣うねんな。そして、ほのかに、「マチ」と「もも」と三角関係っぽい展開になてって・・・・オイオイ。
子どもの世界でも、恋愛は厳しいで~!! どうなるんやろ~(笑)



[READ MORE...]
「森生き」神戸公演~!
2006年08月15日 (火) | 編集 |
オリエンタル劇場

お盆というのに、この暑いのに、神戸まで舞台を観に行って来た。
「森は生きている」というミュージカルなんやけど、もちろん、ミュージカルはお初。
パンフレットにあるプロデューサーさんのお話しによると、「子どもから、今売り出し中の役者、そして大ベテランと、様々な世代のキャストが一つの舞台に立ってつくりあげていき、子どもたちは一流のキャストと同じ稽古場、同じ舞台を体感することで多くを学び、大人たちも子どもたちから忘れかけたものを感じ取れる・・・」という作品らしい。ここから、次世代のミュージカルスターが育つのかもね~
なので、今まで見た舞台とはまったく違う。歌と踊りはもちろんやけど、子どもたちが出てることも違うしね。
会場の神戸オリエンタル劇場はこぢんまりとしたクラシックな雰囲気のところで、一番ビックリしたのが、手を伸ばせば届くぐらい舞台が近いこと。
今回、2列目の真ん中で観てたので、(紙の) 雪は落ちて来るし、汗びっしょりの青木くんはじめ役者さんはアップで観れるし。でも近すぎて、1月から12月の精たちが一列に並んだ時は、さすがにキョロキョロしてしまってた・・・でも、一体感がうれしいね。

お話は、ロシア生まれのサムイル・マルシャーク原作の、いわゆるロシア版シンデレラ。継母と義姉にいじめられてる心優しい娘がいて、大晦日に、その国のわがままな女王が4月に咲くマツユキ草を持って来た者にカゴいっぱいの金貨を与えると言い、欲に目がくらんだ継母と義姉が、娘を厳冬の森に送り出す・・・

なんと、この継母を笠原さんが、義姉を青木くんが演じてるんよ。
なので、このミュージカルを観に行こうと思ったワケやけどね。
青木くんはLifeの舞台で何度も女性役を観てるけど、笠原さんは初めて。しかも、劇団公演ではなくて外部出演やのに「継母役」やねんで~! 


[READ MORE...]
きゃ~! 「レディオ」で32分もおしゃべり・・!?
2006年08月13日 (日) | 編集 |
今朝、居間でパソコンに向かってたら、TVを見てたダンナが叫んだ。
「あ、きょうのぶおやて!」
「えっ? なんて?」
「そやし、9位に、きょうのぶお」
「えっ? 姜くんが?」
「9位っやて?」
「何が、9位なん?」
「きょうのぶおが、9位」
「いや、だから、姜くんが9位って、何がなん?」
「・・・知らん・・」・・・ワケのわからん夫婦の会話・・・
振り向いてTVを見たら、「あさパラ!」という読売TVの関西ローカルのバラエティ番組。
「今週の急上昇!」というコーナーがあるんやけど、そこのランキングの第9位が姜くんやったわけやね。司会はハイヒールのお姉さん。
案内してるのは、「どっちの料理ショー」にも出てるおチビなアナウンサーくん。 「姫路出身、JUNONボーイ・特撮ヒーローもの出身、181cmの長身のイケメン・・」といつものCubeの写真と一緒に紹介されてた。カッコええ~という、お姉さん方の声・・・そうやろ~
もちろん、「NANA2」に出ることが決まったからやけど、こうやって、益々、露出していくんやろうな・・・

夕べ、パソコンに向かいながら、なにげに姜くんのオフィシャルを見にいったら、いっぱい更新されてた~! きゃ~!!
12月の外部出演の舞台のスチール撮影がったらしくて、とんがり烏帽子の麻呂さま風?な姜くんの画像のアップ! カワイイ~ 幼く見えるなぁ~
初の時代ものになるんやね~ 着物が重くて暑いらしい。えっ? その格好で踊るって・・・?
もう一つアップされてたのは、その撮影の帰りに月島でマネージャーさんともんじゃを食べる姜くん・・・もう、なんでもカワイイ~(笑)
そして・・・そして、なんと、なんと「COOLなレディオ」がオンエア~!!
マイクの前で、姜くん一人で、32分間もしゃべってるねんで~
最初からカミカミというか、微笑ましい姜くん。
とにかく、ドキドキでハラハラ・・・スリル満点?のラジオやね(笑)。


[READ MORE...]
年末はレディスディで映画三昧?
2006年08月07日 (月) | 編集 |
朝からビックリしてた私やけど、その日の夜に、オフィシャルで姜くんのコメントがアップされてた。
も~、それを読んで、ギターの練習をしてるらしい姜くんの姿を見て、おかんは涙が出て来たよ。私らが心配してることにちゃんと答えてくれてるし、その上で、真摯に決意を語ってるし・・・。

ちなみに、私が彼にハマった理由の一つが、彼の「言葉」なんよね。
ホントに彼が言ってるのかはまったくわからへんけど(笑)、雑誌のインタビューとかを読むかぎり、姜くんの「言葉」はすごく私好みなんよね。
いちおう、「文章を書く」ことを生業にしてる私なんで、もともとから「言葉」には興味があるんやけど、その上に人間好き?やから、インタビューとかトークとか、舞台挨拶のようなナマものは特に興味があるわけで。

姜くんの話す「言葉」は、それほど表現力がすごいとか特徴があるというわけではないねんけど、な~んか、彼の素直さがにじみ出てくるんよね。
それと、おごらないというか、姿勢がいつも謙虚でね。えらいな~と思う。
今回のコメントも、謙虚に与えられた役を受け止めて、自分なりの役作りをしようという姿勢。仕事やねんから当たり前やけど、ホント、頑張って欲しいと思うわ。

昨夜の夕食時の会話・・・。


[READ MORE...]
「座長」の次は「ミュージシャン」やて~!?
2006年08月04日 (金) | 編集 |
も~、ビックリやね。すごいというか・・・
いやいや、世間の人には別に何のビッグニュースでもないけど、私にとっては衝撃的ニュースやったよ。ホンマに~
この暑さと連日の宵っ張り?で、さすがに今朝はダウンしてた私。
ま、ダウンと言うても眠たくてゴロゴロしてただけやけどね・・・仕事はあるけどダンナも遅い出勤やったから、今朝はゆっくり。なのでかえって気持ちがゆるんでたのかも。
10時になってやっとパソコンあけたら、「え~!?」というニュース。
姜くん、ありえない「座長」の次は「ミュージシャン」の役で、しかも、あの話題の「NANA」の映画第2弾に出演が決まったって言うやないの~! ありえる役・・・?
購読してる今朝のサンスポ(関西版)を見たら、文字だけやけどちゃんとかいてあった。ネットではこちら
ナナの恋人のレンの役やで~!  やっぱり、ありえる・・・?

と言いながら、実は私、この人気漫画を読んだことないし、映画も見てないんよね。
「はなゆめ」派の長女が映画を見に行ってたみたいなんで、仕事中の娘に思わず「NANAの本持ってる? 今度の映画にレン役で姜くんが出るらしくて・・」ってメールを送った。
「へぇ、そう~ 今度はキャストが代わるんや~ 1巻しか持ってないけど」・・・・は~? 役に立たへんな。
コミックはたしか17巻まで出てるハズ。でも読んでるヒマもないんで、とりあえずネットであらすじを読んどこか~
ちなみに反応が冷たい?娘は、やっぱり、基本的に姜くんに興味はないらしい。

この間、「トーマ・・」からLifeのことが載ってるというので、「日経エンタメ」の「原作が漫画」という特集を立ち読みしたけど、コレに載ってた「NANA」をもっと読んどいたら良かったな。「ハチクロ」のところは読んだんやけど、これも、今人気の漫画を映画化したものやね。(映画はウチの娘と同じ年の、嵐の桜井くんが出てるとか) 

人気の両作品に共通して言えるのは、どちらも二十歳前後の青春もので、ヒロインたちが、今どきの子たちにとっては等身大であったり、夢であったりするところかな。
親世代にとっては、わかるようなわからないような・・・いや、多分わからへん・・・・
漫画の方はまだ連載してるようやし、夜中にアニメ版も放送中やね。
今まで気にもしてなかった漫画やし、手にもしてない。人気があるだけに、チラチラと情報は入って来てたけど、その程度で・・・。
でも、映画は、きっと見に行くやろうな。 (ホンマ? 映画、久し振りやで・・) 

それにしても、衝撃的やわ。
何でって、生まれながらにして注目されてる、あの松田くんが演じたレンの役やで。
この役はオーディションで決まったらしいけど、ヒロインの奈々役も交代するねんて。前作の続編でもあるし、1作目と同じキャスティングでと制作側は思ってたようやけど、松田くんはスケジュール上の理由で、桜子ちゃん(朝ドラ出演中・・)も降板して、憶測がいろいろ飛んでるらしいよ。だから、おかんとしてはちょっと不安で・・・・

演技的にはね。きっと、姜くんはやってくれると思うよ。
「is-A」の時の克次役もドラッグをやってる悪いヤツ役で、コワクて危なくて、それでいて幼くて弱い男の子の役が良かったよ。時折見せる表情は、すごくキレイで溜息が出るくらいやった。
レンって何となく寡黙なミュージシャンというイメージやけど (読んでないけど~笑) きっとキレイなレンを演じてくれると思う。
ギターの腕前はどうかな・・・映画で見られるんかな、本人の演奏・・・楽しみやね!

今日、日記を書くのは予定外やってんけどな・・・
そんなこんなの、暑い夏の朝でした・・・

ありえない?座長もありってことで・・・
2006年08月02日 (水) | 編集 |
見たがな・・・日テレのDRAMA COMPLEX「芸能界風雲録~一寸先は闇」。
お昼のドラマは当分出そうにないんで? 夕べのドラマを楽しみにしてた私。
でもさ、けどさ、ちょっと消化不良気味で・・・・
いや~、カッコ良かったよ。姜くん。本人曰わく「ありえない」座長役も、なかなかええ感じやった。でもね、出番、少な過ぎません? 座長やのにぃ~ (笑)
それに、ピン子さんが 「顔も、けして二枚目じゃないけど、味がある」って言った時は、一瞬、聞き間違ったか?と思ったよ。(笑) 二枚目ちゃいます?
夜中に再生して見てたら、ちょうどこのシーンを目撃した娘に言われた。
「ほう~、味のある顔やったんや。二枚目やないんやな。ふふ・・・」
どやねん。私には充分、男前なんやけど・・・

「劇的劇団、早稲田チャンス」?とかいう劇団の、座長兼、演出家兼、劇作家の卵の玉田くん。育て上手と評判のマネージャーさんが目を掛けてるんで、きっと、そのうちに芽が出て大物になるんやろうけど? 照明会社でアルバイトしてるらしい。それも8年も・・・だから、線も細いんよね~(笑) 
演出家として、若い役者くんへの演出シーン。
「ちょっといい?・・こういう感じで (手を前にして)・・・『おれが、おれがこの手で絞め殺したんだ』・・こういう感じ・・」・・きゃ~、カッコええ!!  さっすが舞台やってる役者さんやん!・・・・味がある顔ってか・・・?

でも、姜くんのセリフはハラハラするよね。(笑)
まぁ、「るりこさん」って言うのは言いにくい言葉かもしれんけど (漢字は書きにくい!) 思わず、頑張れよ~!って、何度、画面に叫んだか~(笑)
でも、このドキドキさせてくれるのが、姜くんの持ち味でもあるんやけど。
劇団員と幸子さん、ピン子さんらとすき焼きを食べるシーン。
姜くんを追ってる私からすると、もっと映してよ~!と言わずにはおれず・・・
でも、チラッとかいま見えた笑顔は、うっとりするほどカワイイ・・・ん? 味がある顔って・・・?

バイト先の照明の会社のシーン。
水色のバンダナを頭にした姜くん。すっきり耳まで出して、長い前髪が顔にかかる時と違って幼い感じの顔になるよね。 「なんだろう?」って言った時は、きゃ~、カワイイ~と叫んでた私。まったく、いろんな顔を見せてくれるよ、彼は・・・・やっぱり、味があるのか?
ピン子さんが元マネを詰問してる稽古場に、座長が入ってくるシーン。
真面目そうにカバンを持ってるとこが、なんか「雅也さん」を彷彿させ(笑)、ジョナサンを思い出させるような・・・なんで、座長がソフトアタッシュみたいなカバンを下げてるんかがわからんけど・・・

最後に出て来るのは、また、稽古場での演出シーン。
劇団所属というのが役に立ってるかどうかはわからへんけど、ジャージ姿はスカパーの「Life Style」と同じやね。
出演者も濃~い人ばっかりのドラマ。本人曰わく「短い時間でしたが楽しい現場でした」とか。またまた、勉強になったやろうね。「OL銭道」で共演した小林幸子さんも覚えてくれてたらしくて、姜くんはうれしかったとか。

それにしても、姜くんは関西弁の方が自然な感じかも。
「わかば」しかり、先日の「科捜研・・」もしかり。セリフが自然で何の不安(笑)もなかったしね~。
でも、なんでもいい。
こうやって、TVに出てくれることが、おかんはうれしいねんから。

8月になり、壁紙も新しいのがアップされてた。
白いシャツとパンツ、髪も爆発した感じで(笑)、「モデル?」っていうようなショット。とても、小劇場の座長とは思えんような姜くんやけど(笑)、でも、今月の壁紙にしとこ。
う~ん、味のある、二枚目で!?
始まりがあれば、終わりもあるさ・・・
2006年08月01日 (火) | 編集 |
Lifeのサイトの「Daily Life」が終了しちゃった。
いつまで続けてくれるんかな、とは思ってたけど。FCのページができるまでとか最初に言ってたからね。8月中にがオープンするらしいから、やっぱり、終了になったんやね。結局、姜くんも笠原さんも登場せずじまいで・・・
FCのページでは「Daily・・」の過去ログも見られるようにするらしいし、他にも、過去の会報とか、お宝画像?とか・・・どんなものを見せてくれるんやろう~ ちょっと期待!

昨日で「森生き」の東京公演が終了したらしい。
たまたま発見した「制作日記」のブログを見てたら笠原さんと青木くんのことが書かれて、益々神戸公演が楽しみになった。
二人のシーンは「すごいことになってる」らしい。なんせ、継母と義姉役で、主人公の女の子をいじめるんやから。それを、歌って踊るねんで。
笠原さんは、劇団ではほとんど女性役なんて演じてはらへんから、外部に出て、しかも女性役っていうのも珍しいよね。歌と踊りもかなりイケてるらしい・・・早く見たいなぁ。
青木くんはLifeで何度も女性を演じてるけど、相手が女優やしね。かなり新鮮で楽しいみたい。彼のブログによると、今回の外部出演は刺激が多くて勉強にもなって、良い経験をしたと言ってるし。
青木くんは、声が特徴があるよね。かわいい声やし。「OZ」のヴィアンカの時はあまり印象がないんやけど、「DRACULA」の魔女も存在感あったし、「ヴァン・レジェ」のペロドンの時はセリフの「間」がすごくよくておもしろかった。今回のイグーも同じ。あれだけ会場の笑いを引き寄せられたことは、やっぱり、すごいんやなって思う。
BS「トーマ・・」のビデオを見たら、今回のイグーはアーダムのセリフも入って少しセリフが増えてたけど、ほとんどは同じやった。でも、やっぱり今回は余裕というか、「間」が違ってたね。シングルキャストで5人組の団結というか、息も合ってたんやろうね。
なので、成長著しい青木くんを観れるのも楽しみの、神戸公演かな~。

そうそう、そしてLifeの秋公演の稽古も始まるらしい。
どう考えても、9月の上京は無理。小野くんパックの案内ハガキを2通ももらうと(笑)、行きたい気持ちは高まるけど、ここは辛抱しよう。ウン。

まぁ、姜くんのドラマで癒してもらうんで~
と、昨日始まった昼ドラ、MBSの「がきんちょリターンキッズ!」。
姜くんの役はわかってるんやけど、ストーリー上、何話から登場するかは不明のまま。えらく勿体ぶられてるわ・・・とりあえず初回は出なかった。番組紹介の番組も見たけど、子役さん中心で。ま、夏休みの、そういうドラマやしね~ 姜くんが、子役さんたちのアイドルになれることを祈ってるわ~

ほんで、今夜は、彼の出演する、日テレのDRAMA COMPLEX「芸能界風雲録~一寸先は闇」がOAですぞ~!
オフィシャルに、彼のコメントがアップされてた。
本人曰わく、「ありえない」小劇団の座長役やそうで・・・タイトルからしてすごいけど、出てる方も、泉ピン子、小林幸子、西条秀樹・・・どう考えてもコメディなイメージ・・・どんな座長さんなんだか、うふっ。今夜楽しみ~!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。