ある日突然、美形若手俳優が気になり始めた。生まれて初めてFCに加入。いまだかつてない状況に、家族はあきれ、友人は絶句。多忙に働く主婦の、心のオアシスを書き記そう。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副理事長、インタビュー
2009年07月15日 (水) | 編集 |
何と言っても、エンドロールの3番目に名前が出てくる姜くん。
だから、楽しみにしてましたよ~ 今回は 

ちゃんと、すぐにアップされてましたね。
「恋して悪魔、ヴァンパイア☆ボーイ」のインタビュー。
藤井雅之役の、姜暢雄くん~ 

タイトルがすごいね~
「みんなに好かれる副理事長から、嫉妬の鬼へ」

嫉妬の鬼、って!!

「恋の話もいっぱい飛び出しました」・・とか
グータンの姜くんを思い出し・・・大丈夫かいな・・・

姜くんのインタビューは前から好きですね。
内容もやけど、言葉というか、表現が、いつも姜くんらしいなぁって思うし。
多分、姜くんファンならみんなそうやろうけど~

今回も、いろんな質問にまじめに応えている姜くん、けど、
きっと、笑いをちりばめながら、応えてるんやろうなぁと、想像してます。
関西人らしく、人を楽しませることを良しとしてるやん。
・・・あ、”怒らせるのも天才” らしいけどね

2話の感想の前に、インタビューの感想、というかツッコミ?を・・・(笑)

☆ 役作りについて

これは、フジテレビの番組サイトのインタビューでも答えてるし、
番宣でも言うてましたね。優しくて人気ものの副理事長やけど、
嫉妬にメラメラと燃えて変貌していくのを繊細に演じたいとのこと。
人間の怖さを表現するそうです~

姜くんの演技プランを読んでドラマ見ると、初回も、2回目も、
表情の微妙なところが、すごく読みとれる気がしますね。

真琴の、ルカに対する言動に、一瞬、とまどい揺れますよね。
でも、すぐに、冷静な大人の言葉を発してます。
あの、複雑な、微細な表情とかが、「演技派」と言われるゆえんというか~

☆ 禁断の恋について

女性週刊誌の漫画・・・・? 時々見かける、って? どんな本のことやら??

☆ 理想の恋愛について

なるほどね。2人で、家で、ぼーっとしてる、ゆる~い恋愛ですか~
街を手ぇつないで歩くのが恥ずかしい、けど家では甘えたさん・・・
グータンで言うてましたね。 
けど、インドア派の姜くん、甘えるというより、お家でゲームしてるんちゃいます?

「30歳」、ボチボチ恋愛願望を持ってはるんかしら?
”人を怒らせる天才” らしいので、そんな姜くんを受け入れてくれる女性が
近い将来、現れることを祈ってますよ~

☆ 草食男子

基本的に? 恋愛に関してはそのようやけど 
お仕事に関しては、けっして、そんな人ではないと思ってますよ~
悔しさとか、意地とか、考え方とか、いろんな思いをしっかり持ってはると思います

☆ 嫉妬心を表現する演技

韓国には「喜怒哀楽」に「恨」という感情がある・・・初めて聞きましたわ。
遺恨の「恨」、痛恨の「恨」・・・うらみ、ですか・・・なんかコワイなぁ~

調べてみると、仏教用語では、「恨 (こん)」は、仏教が教える煩悩のひとつ、
とされてるけど、朝鮮文化では、「ハン」という読み方で、
日本で言う、「うらみ」 とは少し違うようですね。

「単なる恨み辛みではなく、あこがれや悲哀や妄念など
 様々な複雑な感情をあらわすものであり、
 朝鮮文化は『恨の文化』と呼ばれる事もある」

どうやら、朝鮮民族の歴史からくる感情表現のようです。
「幾度となく異民族による侵略・屈服・服従を余儀なくされ続けた、
長い抑圧と屈辱の歴史」 から生まれた、「不満の累積とその解消願望」 とか。

さて、姜くんは、そのスパイスで、どんな演技を見せてくれるんかしら、
楽しみやね~

☆ 三角関係

プライベートなら、ライバルと戦うことなく、あっさり切ってしまうんですね?
どんだけ好きでも~? ふ~ん、やっぱり、草食なんや~

女性の場合はどうかな。あっさり去って行く人より、
押してくる人に弱いかな?
いやいや、どんだけ、自分のことを思っててくれてるか、ですよ・・・

ルカの恋のライバルを、「うざい」、と言われるくらい、
あざとく演じるらしいので、それも楽しみ~

単に「いじわる」な役として描かれることなく、心の通った人間として、
姜くんが演じてくれることを願ってるしね~

というか、ちゃんと期待に応えてくれるって、信じてますよ

さて、第2話。

感想は、また今度~



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。